KALMIA-WORKS

Re:August 24,2017. 1999-2023.

各社のフラッグシップ薄型ノートPCにRyzen 6000シリーズが採用される

まずは大口契約を結んだと言われるLenovoのフラッグシップ薄型ノートPC「ThinkPad Z」にRyzen 6000シリーズが採用された。

 

上記はAMD Ryzen PRO 6860Zを搭載したThinkPad Z13

 

なんと「ThinkPad Z」は15年ぶりの復活である。

 

因みに「Ryzen PRO 6860Z」はLenovo専用のSKUである。

 

他にも大手PCメーカー製のフラッグシップ薄型ノートPCに採用され、順次出荷される模様。

 

各社のフラッグシップ薄型ノートPCは長らくIntel一辺倒であった。

 

理由は熱設計を始め、筐体設計のすり合わせが必要であり、工数もコストも必要となるので余程のことが無い限り大手PCメーカーは基本的に設計を変えたがらない。

 

それが各社のフラッグシップである薄型ノートPCに採用されたという事実は、Intel製CPUよりもRyzen 6000シリーズの性能が(クロック周波数だけではなく、ワットパフォーマンスと言う点でも)大幅に優れている事を示唆している。

 

これからWindows 11用にノートPCを購入するのであれば、間違いなくRyzen搭載PCをお勧めする。

 

詳細については下記記事をご覧ください。

※関連情報 電力効率は第12世代Coreの2倍以上? AMDがノートPC向けAPU「Ryzen 6000」の詳細やグラフィックス性能を明らかに

AMD、高性能かつ長時間駆動なモバイルノートを実現するRyzen 6000シリーズ

AMDのモバイルハイエンドCPU「Ryzen 6000シリーズ」、その高性能の秘密

 

「ThinkPad Z」が15年ぶり復活。独占のRyzen 7 6860Z搭載モデルも

AMD、ノートPC向けAPU Ryzen 6000シリーズを発表

Intel最新CPU売上好調もシェアは30%、AMDとの差は絶望的

 

Ryzen 6000 series APU が2022年早々にも登場する?

お問い合わせ