KALMIA-WORKS

Renewed in August 24,2017.

Adobe、サブスク解約が難解&高額解約料隠蔽で米政府が提訴


Image:Mats Wiklund/Shutterstock

米司法省は、Adobeサブスクリプションの解約を難しくしすぎ、高額な解約料も隠していたとして提訴した。

訴状では「重要なプラン条件を分かりやすく開示することなく、デフォルトの最も収益性が高い有料プランに登録することで消費者に損害を与えた」としている。

Adobeはソフトウェアの買い切りからサブスクリプションへいち早く切り替えた先駆けだが、解約の手続きが不満の声が上がっていた。
また、無料で解約できるのは最初の2週間だけで、それを超えると日割り料金を請求される。

そうした苦情を受けて昨年末、米FTC(米連邦取引委員会)が調査に乗り出していた。

司法省は、Adobeが重要な条件を「細かい文字や、オプションのテキストボックスやハイパーリンク」の後ろに「隠している」と主張。

それにより、解約時に発生する「数百ドルにもなる」早期解約料を適切に開示していない述べている。

ユーザーが解約しようとすると、複数のウェブページやポップアップを操作する「負担が大きく複雑な」解約手続きを要求。
さらに解約を思いとどまらせるような早期解約金が「待ち伏せ」している。

FTC消費者保護局のサミュエル・レヴィン局長はAdobeは早期解約料の隠ぺいや解約のハードルを数々設けることで、ユーザーを1年間のサブスクリプションに閉じ込めた」との声明を発表。

相変わらず悪徳商売をしていますな。
今後はサブスクだけでなく、買い切り型プランも用意すべきと考える。

ただ過去の経緯からすると買い切り型にしたとしても、高額な料金となるのが目に見えているので悩ましいところ。

※関連情報
Adobe、サブスク解約が難しすぎ&高額な解約料を隠していたとして米政府が提訴

「iOS 18」の新機能に既視感


Image: Apple

Apple(アップル)が先日のWWDCiOS 18を発表し、今年秋にはApple流AI「Apple Intelligence」を使った機能や日々の使い勝手を向上するような機能をロールアウトしていきます。

iPhoneユーザーにとっては朗報ですが、Androidユーザーとしては既視感のある内容が多いのも事実。

iPhoneは見栄えがいいけど、Androidやめるとこれが使えないし」と悩むケースが減るということで、全体的には良いことです。

iOS 18の新機能だけどAndroidには前からあったもの】
・アプリアイコンを自由に配置
・アイコンの色変更(Android 13から対応)
・メッセージのRCS対応
・メッセージ送信予約(Androidでは2022年に可能)
・ゲームモード(Android 12からゲームモードがある)
・Siriと文字で会話(Androidでは長年使われてきた機能)
・音声の文字起こし(Androidに導入されたのは2019年)
・コントロールセンターにサードパーティアプリ(Android 7で対応)
iPhoneミラーリングAndroidでは2010年代にミラーリングが可能)
・Genmoji(Androidで2020年から提供されている)

以前のエントリで私の考えについて触れたが、同じ事が書かれている事に驚き。

私の場合、iPhoneの詳細まで事細かく知っている訳ではないので、今回のメディア記事は参考になりました。

以前から書いているが、ユーザーは好きなスマホを選択すれば良いと思います。

※関連情報
iOS 18の新機能…でも、それAndroidにはずっと前からあったよ

Androidに近づいていく「iOS 18」が発表される

「Apple Intelligence」、iPhone 15 Proでのみ利用可能

Outlook、個人メールアカウントのベーシック認証を廃止



Microsoftは6月11日(米国時間)、「Keeping our Outlook Personal Email Users Safe: Reinforcing Our Commitment to Security - Microsoft Community Hub」において、個人向けOutlookのセキュリティを強化することを発表した。

Keeping our Outlook Personal Email Users Safe: Reinforcing Our Commitment to Security - Microsoft Community Hub
https://techcommunity.microsoft.com/t5/outlook-blog/keeping-our-outlook-personal-email-users-safe-reinforcing-our/ba-p/4164184

Outlookの主要なセキュリティ強化対策】
・2024年9月16日よりOutlook個人メールアカウントのベーシック認証を廃止
・2024年末までにメールおよびカレンダーアプリのサポートを終了
・2024年8月19日付でOutlook Webアプリケーションのライト版を廃止

私の利用環境では、そもそもOutlook個人メールアカウントにベーシック認証を利用していない。
更にカレンダーアプリも利用していないし、Windowsメールアプリも利用していないので影響は全くありません。

個人的に利用しているメーラーMozilla Thunderbird


Thunderbirdは、本当にお勧めですよ。

※関連情報
Outlook、9月16日より個人メールアカウントのベーシック認証を廃止

Microsoftの個人用メールアカウントユーザー(Outlook.com、Hotmail.comなど)は、最新の認証方法に移行する必要がありますMicrosoft Community)

Thunderbird — 受信トレイを身軽に。Thunderbird公式サイト)

お問い合わせ