KALMIA-WORKS

Re:August 24,2017. 1999-2023.

AMD、米エネルギー省に次世代EPYC「Genoa」採用スパコン納入へ

先日掲載したAMD EPYCは第2世代でしたが、今回はZen4ベースの次世代EPYC(Genoa)と次世代Radeon Instinctを採用。

 

倍精度浮動小数点演算において、世界最速の2ExaFLOPSを達成すると見込まれる仕様となっています。

 

しかも納入先は米エネルギー省のローレンス・リバモア国立研究所(LLNL)。 納入時期は2023年と先ですが、凄いですね。

 

やはりAMD EPYCの採用は広がっているんですね。

※関連情報 AMD、米エネルギー省に次世代EPYC「Genoa」採用スパコン納入へ

HPE、米エネルギー省向けスパコン「El Capitan」開発でAMDと提携

 

AMDがサーバー向けCPU市場でもIntelを駆逐しつつある

お問い合わせ