KALMIA-WORKS

Re:August 24,2017. 1999-2023.

リリースされたばかりの「Firefox 72」に深刻な脆弱性、修正版の適用を

既に脆弱性を利用した攻撃が確認されているため、ユーザーはFirefox 72.0.1および、Firefox ESR 68.4.1へのアップデートを。 アップデートではJavaScriptエンジン「IonMonkey」の処理において型混同が引き起こされる脆弱性(CVE-2019-17026)を修正した。 自分の場合は自動アップデートを許可しているのと、デフォルトブラウザをFirefoxにしているので、気が付くと勝手にアップデートされてた。 ついでなので書いておくが、Firefox 72ではChromeよりも一足先に「通知機能へのアクセス許可を求めるプロンプト」が自動では表示されなくなった。 フィンガープリントもブロックしてくれるので、とても快適である。 Mozillaではプライバシー保護を強化しており、"Disconnect"に登録されている"お行儀の悪い"ドメインでは、JavaScriptでユーザーのデバイス情報を取得できなくなるほか、ユーザーのIPアドレスUAヘッダーなど、ネットワークリクエストによって得られるはずの情報も利用できなくなる。 ※関連情報 リリースされたばかりの「Firefox 72」に深刻な脆弱性、修正版の適用を プライバシー保護をさらに強化した「Firefox 72」が正式リリース ~指紋採取も既定でブロック
お問い合わせ