KALMIA-WORKS

Renewed in August 24,2017.

AMDの超解像技術「FSR 3.1」が一般公開!


AMD FSR 3.1」が一般公開。FSRからフレーム生成機能が分離、Vulkanにも対応

AMDは7月9日(現地時間)、予告通り同社が開発する超解像機能「AMD FidelityFX Super Resolution 3.1」を公開した。

FidelityFX SDK 1.1に含まれており、開発者は容易に導入できるようになっている。

FSR 3.1ではフレーム生成機能がアップスケーリング機能から分離したほか、アップスケーリング品質の改善やAMD FidelityFX APIの実装、さらにVulkan環境にも対応している点が特徴。

更にAMD FidelityFX APIの実装により、ゲームのリビルドが不要になり、より開発者にとって組み入れやすくなった。


こちらはAMD FSR 3リリース時の動画

尚、AMD超解像技術であるFSRオープンソースであり、他社製GPUでも利用できる。
緑の会社とは雲泥の差である。

ともかく、順調に進化しているようで良かった。

※関連情報
「AMD FSR 3.1」が一般公開。FSRからフレーム生成機能が分離、Vulkanにも対応

AMD、超解像技術の進化版「FSR 3.1」を発表

トロイの木馬と化したjQueryが拡散中



米セキュリティ企業のPhylumは7月3日(現地時間)、JavasScriptライブラリ「jQuery」の特定バージョンがトロイの木馬化され、GitHubなどで拡散していると警告した

同社は5月26日、パッケージ管理システム「npm」でトロイの木馬化されたjQueryを確認。
少なくとも1カ月にわたって、数十のパッケージで“汚染”されたバージョンが公開されているのを確かめた。
さらに、GitHubCDNサービス「jsDelivr」でも拡散していることが分かったとしている。

jQuery」とは懐かしいですね。
コーポレートサイトのリニューアル時にDreamweaver等を使用せず、全てコードを手書き(テキストエディタ)で対応した事があるが、「jQuery」は使わなかったな。

そのコーポレートサイトのリニューアル時にメインのコーダーとなり、基本設計と各部門に対応してもらうためのフレームワークを行った。

基本設計と各種ブラウザ(ieChromeFirefox)での動作確認が出来た段階で同じ部署に所属していたシステム部門の女性たちに上司を通して応援を要請、快く引き受けてくれた。
他にも生かせる内容なので同僚を育ててつつ、手伝ってもらった。

全体像が出来たところで、各部門の担当(何故か各部門で選出されたのは女性ばかり)に説明会を行い、更に不明なところは遠慮なく聞いて欲しいとお願いした。
必要があれば、自分がフォローして対応していた。

運用の仕組みも作って、運用も軌道に乗り、暫く(2年くらい?)したら、他部署で担当していた女性が会社を辞めると言ってきた。

「差し支えなかったら理由を聞いても?」と言ってみたら「サイト作りが楽しくて転職します!」との事だった。
その女性にはエールを送っておいた。

半分以上、昔話になってしまった。

※関連情報
トロイの木馬化したjQueryがGitHubやCDN経由で拡散 米セキュリティ企業が警告

「マイナ保険証」導入強行で医療機関が廃業ラッシュ!


「マイナ保険証読み取り機」の導入が大きな負担となるケースも(写真/共同通信社

政府は今年12月に紙の保険証を廃止して、「マイナ保険証」への一本化を強行する構え。

3月から4月にかけて東京だけで病院・診療所211機関、歯科医院84機関が廃業した。

医療機関の廃業・解散が過去最多だった昨年でも全国で709機関(医科・歯科合計)という数字。

たった2か月間で、東京だけでも300近い医療機関が廃業した今年が、いかに異常な“廃業ラッシュ”であるかがわかる。

政府はマイナ保険証導入・オンライン資格確認システムの設備投資を小さな医療機関まで全国一律に義務付けた。
そうなると医師も返済の見通しが立たないのに借金してまで頑張って続けようとは思わない。

マイナ保険証・オンライン資格確認システムにWi-Fiは使えない。
NTTのマイナ専用の光回線光ファイバー医療機関内に敷設しなければならない。
医療法でサイバー対策も義務化され、高額な機器を導入して防衛しないといけない。

全国保険医団体連合会や開業医らの反対にもかかわらず、政府が方針通り今年4月からオンライン請求を義務化した途端、かつてない規模の廃業ラッシュが起き、「医療機関1万件廃業」が現実味を帯びてきた。
最早、医療の崩壊である。

そこまでの犠牲を払ってまで、強引な手段を用いてマイナ保険証への一本化をする必要は全くない。

単純に現在の健康保険証を残せば済む話である。

マイナ保険証一本化を強引に進める政府には「マイナハラスメント」の声が挙がっている。

これらは全て岸田総理の責任である。
裏金問題も有耶無耶で、企業であれば不祥事があればトップが責任を取って辞任をする。

責任も取らないトップが岸田総理である。
即刻辞任し、早期解散すべきである。

即刻、マイナ保険証一本化は中止としてもらいたい。

※関連情報
「マイナ保険証」導入強行で医療機関が廃業ラッシュ 読み取り装置・請求システムの導入費用が大きな負担、「制度についていけないので閉院を考えている」

《マイナ保険証強行導入の現実》「設備投資に数百万かかる」廃業危機に瀕する開業医の嘆き 「医療機関1万件廃業」試算に現実味も 

「常軌を逸している」「姨捨山」紙の介護保険証、廃止方針に怒涛の批判…SNSでは「マイナハラスメント」の指摘も

「マイナ保険証」普及拡大へ支援金倍増でも…現場医師の批判は止まらない

紙の健康保険証廃止で「かかりつけ医」の廃業が過去最多

お問い合わせ